しかのてつやHP

プロフィール

子どもたちの歌をつくって歌っている、童謡シンガーソングライター・しかのてつやのHPです

保育園・イベントでの弾き語りライブや、園歌・テーマ曲などの作曲活動を行っています

ご依頼などありましたら、ぜひぜひお気軽にメッセージをお送りください

活動履歴は詳細をご覧ください

詳細 >>

カレンダー

QRコード

携帯電話からアクセス
クリックで拡大します
URLをメールアドレスに送信

RSS RSS
5件中   1 - 3 件表示 ( 全 2ページ )
1  2   

ゴミブクロサンタ物語。その5

そして、クリスマスの朝がやってきました。

目覚めた子どもたちは、枕元におかれた見たことのないおもちゃに大喜び♪

『サンタさんが、僕だけのおもちゃを作ってくれたんだ~!』『僕も!』『私も!』

子どもたちは口々に、自分だけの、世界にひとつだけのプレゼントを手に喜びあいました。

子どもたちに抱えられたプレゼントたちも、なんだかとってもうれしそう♪


そのころ、サンタさんは・・?

「ぐ~すかぐ~ぐ~ぴ~…」

あれあれ、疲れ果ててしまったサンタさんは、ペッタとボトルと一緒に、ぐ~すかぴ~と夢の中です。

来年もサンタは、ゴミブクロを背負って、みんなのところへやってくるのかな?


ゴミブクロサンタのお話は、これでおしまい。

オリジナル表示


2009-12-25 09:42:47投稿者 : しかのてつや
この記事のURL コメント(0) nice!

ゴミブクロサンタ物語。その4

それから、サンタの大冒険が始まりました。

からだが軽いペッタとボトルは、強い風がふくと、すぐに吹き飛ばされそうになってしまいます。

「がんばれ!ペッタ!ボトル!」

サンタはダンボールのそりにつかまって、必死に叫びました。

「風の精霊よ!ペッタとボトルを守っておくれ!」

するとどうでしょう、あれほど激しく吹き荒れていた風はやみ、穏やかな風がサンタたちを包み込みました。

「ふう・・あぶないところじゃった。。ありがとうな、風の精霊さん。」

サンタがそう言うと、どこからか『どういたしまして。』と、小さくてやさしい声が聞こえてきました。


虹で出来たうつくしい橋を渡り、雲で出来た白くて大きなトンネルを抜けると・・やっとこさ、待ちに待ったみんなの町がみえてきました!

「さあ、こっからが本番じゃぞ。今夜中に、よい子達の家を回らないといけないからな。」


サンタはそれから、たくさんの家を回りました。

煙突なんかなくても大丈夫!小さな窓のすきまや、ドアのポストのすきま、はたまたとってもちいさな鍵穴さえあれば、サンタはみんなのところへやってこれるのです。

サンタがつくったおもちゃ達は、喜んでよい子たちの枕元においてある靴下に入っていきました。

おもちゃ達も、子どもたちの素敵な笑顔が大好きなのです。

サンタは、おもちゃ達にバイバイを言って、次のおうちへと旅立っていきました。


「よーし!これで最後じゃ!」

お日様が眠たそうな顔を出す少し前、サンタたちは、やっとこさプレゼントをくばりおえました。

「さあ!良い子たちに見つからないうちに帰るとするかの。ほっほっほ。」


2009-12-24 18:02:03投稿者 : しかのてつや
この記事のURL コメント(0) nice!

ゴミブクロサンタ物語。その3

しかし、困ったことに、トナカイだけは、作ることができません。

「どうしたものか・・。そうじゃ!」

サンタは、ひときわ大きいペットボトルを取り出すと、あっという間に2つのトナカイを作りました。

ndusionnmpfbpp・・・」

なにやらブツブツとつぶやいた後、手をかざすと、不思議や不思議、トナカイが動き出したではありませんか?!

ペットボトルで出来たトナカイ達は、サンタの元へと寄りそってきました。

「よしよし、いい子たちじゃの。君たちはぺッタとボトルと名づけよう!」

サンタは今度は、作ったおもちゃたちに手をかざしました。すると、おもちゃたちも元気に動き始めました!

「君たちはそうじゃな・・君たちが生まれたところ・・そうじゃ!あの半透明のゴミブクロに入ってごらん。暖かくて丈夫で、君たちを運ぶのにピッタリじゃよ!」

おもちゃたちは、喜んでゴミブクロのなかにつぎつぎと入っていきました。

そして、サンタはキレイなリボンでゴミブクロの口を結びました。

「これでよし・・と。みんな、子どもたちの前では静かにしておるんだぞ!ん・・!なんじゃ、ぺッタ、ボトル」

サンタが振り向くと、ペットボトルトナカイのぺッタとボトルがサンタの頭をじっと見ていました。

「なんじゃ、この帽子がほしいのか?よし、ちょっとまっておるんじゃぞ。」

そういうと、サンタはあっという間に2つの小さな、おそろいのつぎはぎ帽子を作り上げました。

ペッタとボトルは大喜び!

「さあ、子どもたちが待っておる。出発じゃ!」



2009-12-23 19:40:03投稿者 : しかのてつや
この記事のURL コメント(0) nice!
5件中   1 - 3 件表示 ( 全 2ページ )
1  2